アメリカの歯の手術費用は高い!

歯科にかかる費用は、健康保険が適用されるものから、矯正歯科・インプラントなど、自費診療となる場合もある。

NAVI
このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカの歯の手術費用は高い!

歯科にかかる費用について

歯科の診療費・治療費は、多くの場合、健康保険が適用されます。健康保険が適用されれば、歯科診療報酬点数表に従った、2割また3割を支払えばいいのですから、それほど高額なものではありません。ところが、例えば、虫歯の詰め物(インレー)が取れる(脱離)ことは、多くの人が経験したことがあると思うのですが、治療の総額が、数百円では、収まらないでしょう。また、一日で、治療が終わることは、ないので、仕事が忙しい人など、痛くなく、多少の違和感程度では、放置している人も多いと思います。しかし、事例のインレー脱離にしても、風邪のように放置していて治ることがありません。また、インレーが脱離した理由は、自覚症状がなくても新たに虫歯になった、または、歯が折れた・欠けたことによることが多いので、最終的には必ず歯科治療が必要であり、症状が悪化すれば、それに応じて歯科にかかる費用が高くなることも考えられますので、早期に治療した方が、最終的には、費用を抑えることになると考えられます。

次に、矯正歯科、審美歯科、インプラントの歯科治療は、健康保険が適用されません。このため、「自費診療」や「十割負担」と呼ばれ、業界では、「コスト」と呼ぶことがあり、まさに、「費用が高い治療」であることに間違いがありません。また、少しは、話がそれますが、「前歯の治療は、自費診療である」かのような都市伝説めいた費用の考え方もありますが、必ずしも必ず「自費診療」であると限らないので、歯科医と十分相談して、納得のいく歯科治療を受ける必要があると思います。
Recommend

Copyright (C)2018アメリカの歯の手術費用は高い!.All rights reserved.